組合情報

組合概要

名 称

農事組合法人 志方東営農組合

住 所

〒675-0304 兵庫県加古川市志方町高畑961番地の24

アクセスマップ

TEL/FAX

TEL 079-452-6780 FAX 079-452-6805

設 立

平成21年3月24日

資本金

910万円

組合員数

609名

組合員面積

294.1ha

支 店

14店

理 事

12名

監 事

2名

平成26年3月 兵庫県知事賞 集落営農部門

表彰受賞

平成26年11月 平成26年度全国優良経営体表彰

         農林水産省経営局長賞の受賞

平成27年5月 耕作放棄地発生防止・解消活動

        (全国農業新聞主催)

平成28年3月 平成27年環境保全型農業推進コンクール 優賞

         (農林水産省主催)

志方東営農組合は、平成21年3月に組合員の農業生産についての協業を図ることによりその生産性を向上させ、組合員の共同の利益を増進させることを目的として設立されました。

当志方東営農組合は、兵庫県加古川市の北西部に位置し、北には兵庫県加西市・西には姫路城に名高い兵庫県姫路市に隣接した周囲を山に囲まれた東西4km南北6kmの農村地帯です。

組織機構図

組織・部会の主な役割

【 理 事 会 】共同機械施設の導入や資金計画、その他組織運営全般の方針決定

【ブロック長会】農機の更新・配置等・利用・稼働効率の向上

【 作物部会 】転作及びブロックローテーションに関する計画・新品種試作

【 総務部会 】新技術等の導入計画・イベントの開催

【 女性部会 】組合で収穫した農産物の加工・開発・販売

営農組合の目的

組合員の農業生産についての協業を図ることによりその生産性を向上させ、組合員の共同の利益を増進させることを目的として設立されました。当組合の大きな目的は農業者の高齢化により担い手不足の解消、放棄田や遊休農地の発生の防止、経営の効率化を図り、当地区農業の維持発展を掲げて農業経営を行っております。

■営農組合の取組

団地化によるブロックローテーションと集団転作

水利の関係と湿田対策を考慮して連たん団地化を図り作業の効率化とコストダウンを図ることを目的としています。

機械装備の効率

14支店を4ブロックに分けて農機を効率的に利用しコストダウンを図ることを目的としています。

人・農地プランの推進

地域外の農地所有者及び組合員の高齢化により耕作が出来なくなった農地の利用集積を進めて有効利用を図っています。

営農組合の総会

第10回 通常総会を平成31年3月24日に、しろやま農業研修センターにおいて開催しました。

当営農組合も設立10年を迎えました。10年の記念の通常総会として、組合員の皆様には、営農組合のマスコットキャラクター「しかたちゃん」をプリントしたタオル・営農組合のロゴマークが印字されたタオル2 本セットを記念品としてお渡ししました。

当日通常総会には、 組合員613名のうち 書面決議提出者465名 出席者74名 約88%の方より承認を得る事が出来ました。

平成30年事業報告・決算報告・余剰金処分案 の議案書を以って説明を行いました。30年決算も利益を確保しています。

平成31年事業計画・予算額等・農機具購入・役員改選の議案において、すべて了承されました。

 今回の総会において役員の改選も議題にあり、発足当初より10年の長きにわたり、この組合の農業経営の改善と効率化・組織の活性化等に尽力されてこられた黒田信行氏が代表理事を退任されました。
 黒田前代表理事は、14集落の任意団体を1本化し、全国に先駆け「本店・支店 2階建て方式」を取り入れこの志方東営農組合の基礎の骨格の部分を育て上げ、外部機関よりの信用・信頼を構築されるとともに、地域ブランド米・加工食品の販売等に力を注ぎ、組合のホームページを立ち上げ、多くの消費者の皆様に志方東営農組合の名前を知られるようになりました。これらの功績が黄綬褒章受賞となりました。

本当に長きにわたりお疲れさまでした。

又今年より新たに女性2名の役員もこの総会で承認されましたのでお知らせいたします。

女性役員については、志方東営農組合の運営についても女性の声としていろんな発言をお願いしたい。又組合における商品開発や加工についてもご尽力をお願いしたいと思います。

 志方東営農組合においても、農業を取り巻く環境の変化 担い手の不足等が一段と厳しくなっており、今や待ったなしの状況です。

 農業を取り巻く状況はどこの地域でも、人材確保が難しく後継者に悩みながら農地を守っていかなければならなくなっており、大きな営農組合は、人材確保に苦慮するばかりで、限られた人数で作業を行っているのが現状です。又農業は、自然環境に左右されやすく、特に多雨による作物の生育に影響が懸念されていますが、その中でも当組合は、水稲・小麦・大豆・そばに加え、野菜の作付けを行って増収を図るべき対策を講じていますが、なかなかいい方向に向いていくのは至難の業です。そのような状況であっても地域の農業を守っていかなければなりません。志方東営農組合組合員と地域全体の方の力が必要です。ぜひご協力をお願いいたします。

平成31年第10 回通常総会の様子

新しく選任された女性理事

代表理事挨拶

平成31年総会後に就任された 代表理事 丸山良作  副代表理事 岡本 巨 に今後の抱負とご挨拶。

代表理事 丸山良作
本年より黒田信行氏から代表理事を引き継ぐことになりました。 過去3年間副代表として黒田氏と共に営農組合運営に携わって来ましたが、14の支店をまとめることの大変さを実感してまいりました。

さて、当営農組合も最近少子高齢化の波をまともに被り、どの支店も後継者不足といった問題に直面しており、今後どう対応していくかが課題となっています。もはや農家の人たちのみで農地を守っていくことが困難な時代が間もなくやってくることは間違いありません。

1 年を通じて働ける体制を作るには現在栽培している水稲・小麦・大豆の他にも野菜・加工品等を生産することによって可能になるのではないかと思います。簡単には実現できないと思いますが営農組合存続の為にも一人でも多くの人を周年雇用し、地が活性化するよう14 支店一丸となって頑張っていきたいと思います。これからはホームページ上で随時頑張っている様子を更新していきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

丸山代表は昭和27年1月生まれの67歳です。この組合の理事・監事は、昭和25年・26年生まれの方約7 割で組織の中心となっている年代です。丸山代表はイラストレータとして、当組合だよりの発行・組合のイベント情報・商品ラベルのデザイン等を考案して、ホームページ上にも公開しています。パソコン上で思考しイラストを描いているときは楽しそうで、得意分野が多くありうらやましく思います。また、広尾東支店の支店長として農作業も中心的に参加し、支店経営を安定するように、キャベツやブロッコリー等の野菜の作付けも進んで行っています。ほかの13 支店の経営についても、安定できる経営策を実施され改革を進めていかれると思います。 ただ、この暑い極暑の中でも農作業を行い、本店の業務を並行している状況なので、健康には留意されるように願っています。

副代表理事 岡本 巨(いさお)
志方東営農組合の10年を迎える記念する年に、副代表を務めることになり、先輩諸氏が目標としてこられた、「組合員の共同の利益の増進、担い手不足の解消、放棄田や遊休農地の発生の防止、経営の効率化を図り、当地区の農業維持発展」を目標に運営を行ってこられ、達成に向けて努力して来られました。

この目標を引き続き達成していく中で、農業従事者の高齢化がより進んできているのが現状であり、これらを考えると、志方東営農組合の存在はより重要となると思います。代表と協力して現状の最大の課題である農地管理の在り方・14支店の問題と課題、支店間調整等待ったなしの課題に取り組みます。そして組合運営をして行く中で利益の確保・スマート農業の導入等により、省力化を進め、労働の軽減を図っていかなければならないと思っています。農機具の有効活用により経費節減を図り、志方東営農組合の持続と、より発展することの筋道を見極め、広く情報収集を行いながら各支店に協力をお願いして、より高い目標の達成及び今後の発展に努めてまいりたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

岡本副代表は昭和25年7月生まれの69歳です。以前はJA兵庫南の職員で農業経営等に携われておられ、この組合経営についてもいかに利益を生み出す事が出来るのかと考えておられます。一瞬強面でどのような質問かと構えてしまいますが、話し方は優しく、質問すると的確な回答が有り、安心感を覚えます。副代表が支店長している大宗支店は、経営 面積も少なく、どうすれば利益がもたらせるのか、また作業者の人材確保のため苦慮され今後の農地管理をどのように進めていくか地元の方と話し合いを行っています。いい方向性が見つかれば、次に続く支店も出てくるのではと思います。農業が生活を圧迫することのないように勧めてほしいものです。

新しい代表と副代表が就任され、新たに志方東営農組合として一歩進めていかなければなりませんが、新代表・副代表が、当初に決められたことは、理事をそれぞれの部会に配属して、月1回部会の会議を開催して、その会議で決定されたことを理事会に諮り運営を進めていくことです。

総務部会

  • 組合の全般的な運営に関すること
  • 組合の経営に関すること
  • イベントに参加し地域とのかかわりを深めていく
  • その他の部会が属さないこと

農機部会

  • 組合で購入する機械の決定
  • 各支店の農機具状況把握
  • 本店管理の機械の管理運営
  • 本店の農業倉庫の管理

作物部会

  • 作付けしている農作物徹底管理
  • 農作物の品質向上の為研修会
  • 新品目の開発・作付けに関すること

女性部会

  • 加工品の開発情報に関すること
  • 営農組合に関すること(女性目線からの意見)
  • その他

農事組合法人 志方東営農組合

〒675-0304兵庫県加古川市志方町高畑961番地の24

 TEL 079-452-6780

 FAX 079-452-6805

Copyright (C) 2011 Shikatahigashi einou kumiai All rights reserved.